新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化に苦しむ外食店で、焼き肉店への業態転換が目立っています。換気の機能が充実していることや、自宅で同じ味を出しにくくファミリー層に人気が高いことなどが要因のようです。

 感染拡大を受けた緊急事態宣言や、休業要請などによって窮地に追い込まれた外食産業では、テイクアウトや宅配を強化するなど、生き残りをかけた動きが続いています。焼き肉店への転換もこうした動きを反映したものと言えます。例えば居酒屋大手は、住宅地や郊外に焼き肉の店の出店を進めています。焼き肉に経営資源を集中するとのことです。

 焼き肉店では、回転寿司などと比べて寡占が進んでいないことも追い風になっています。団体客が多い居酒屋やファミリーレストランと比べて客数の減少が限られていることも堅調の要因です。

 感染が終息しても、在宅勤務の定着などにより、コロナ前と同じ状況には戻らないことが予想されます。このため外食産業の中で堅調な焼き肉店へ業態転換し、業績改善を目指す動きは今後も続きそうです。一方で、専門家からは焼き肉店への参入が続くことによる競争激化を不安視する声も上がっています。店舗ごとの〝消耗戦〟になることが懸念されています。
<情報提供:エヌピー通信社>