株式会社と合同会社の比較

会社の形態 株式会社 合同会社
出資者の数 1名~無制限 1名~無制限
出資者の呼称 株主 社員
最低資本金額 1円 1円
責任範囲 出資金額内 出資金額内
出資分の譲渡 原則として自由 社員間は自由
譲渡の制限 通常は譲渡制限規定を設ける 社員総会の承認事項とする
役員 取締役1名以上(監査役は任意) 業務執行社員
役員の任期 最長10年 無期限
会社の代表者 取締役(代表取締役) 業務執行社員(代表社員)
最高決定機関 株主総会 全社員の同意
登録免許税 最低15万円 最低6万円
定款の認証 必要 不要
決算公告 必要 不要

合同会社のメリット・デメリット

 会社法の改正により、新たにできた法人形態が「合同会社」です。
 合同会社は、株式会社よりも設立・運営が手軽なことが大きなメリットです。
 株式会社と比べて大きな違いは、登録免許税が最低6万円(株式会社は最低15万円)、定款の認証や決算公告も不要なことです。
 一見したところ、メリットの多い合同会社ですが、その反面、まだ国内における知名度が低いという大きなデメリットがあります。
 そのため、合同会社よりも株式会社の方が企業として各上と見られる傾向があります。
 とりわけ、中小企業の経営者にこうした傾向が強く見られることから、中小企業と取引を行うBtoBビジネスで起業するなら、株式会社を選んだ方が無難だと思います。
 しかし、一般消費者は、商品等を購入する際、株式会社か合同会社かで企業を判断したりする傾向は少ないので、一般消費者が販売対象であるBtoCビジネスで起業するなら、合同会社を選ぶメリットは十分にあると思います。
 なお、法人の設立については、法人成りのメリットとデメリットをよく理解した上でご判断いただくことをおすすめします。