個人で事業を行っている方の場合、正規の簿記の原則(一般的には複式簿記)により記帳し、その記帳に基づいて作成した貸借対照表及び損益計算書を所得税確定申告書に添付して法定申告期限内に提出することで最高65万円の青色申告特別控除を受けることができます。

 当事務所では、確定申告の際、青色申告決算書に「貸借対照表」を添付(青色申告特別控除の適用)する場合、貴事業所の「総収入金額(年間売上高+事業以外の収入)」または「合計所得金額」によって下記の料金を頂戴しています。

料金案内

総収入金額 合計所得金額 料金(税別)
3千万円未満 5百万円未満  10,000円
3千万円以上 5千万円未満 5百万円以上 1千万円未満  15,000円
5千万円以上 1億円未満 1千万円以上 2千万円未満  20,000円

※上記の料金表で総収入金額か合計所得金額の何れかが該当する高位の金額が適用されます。

【例1】総収入金額が7千万円で合計所得金額が8百万円の場合
 総収入金額による料金=20,000円、合計所得金額による料金=15,000円
 料金=20,000円(20,000円>15,000円:総収入金額の料金が適用)

【例2】総収入金額が2千8百万円で合計所得金額が1千4百万円の場合
 総収入金額による料金=10,000円、合計所得金額による料金=20,000円
 料金=20,000円(10,000円<20,000円:合計所得金額の料金が適用)

 なお、記帳漏れや記帳ミスなどが著しく多い場合は、別途「記帳指導料金」が発生することがあります。