発生主義・現金主義・実現主義

発生主義

 発生主義とは、実際には現金の収入や支出がなくても、取引が発生した時点で費用と収益を計上する会計処理の方法です。
 収入・支出金額が確定した時点の日付で計上するため、掛売上や掛仕入など、現金のやり取り(入出金)がまだ行われていなくても、取引が確定しているならば計上することができます。
 因みに、会社(法人企業)における会計処理は、一般的に発生主義が採用されています。
 また、個人事業主が確定申告で青色申告特別控除を受ける場合も、発生主義で会計処理を行う必要があります。なお、発生主義による会計処理を行うためには、複式簿記の知識が不可欠になります。

現金主義

 現金主義とは、収入(売上高)を現金等の入金時に認識・計上し、支出(仕入・経費)を現預金の出金時に認識・計上する会計処理の方法です。
 つまり、現金や預金の入出金の事実があって初めて取引が認められます。
 青色申告者で一定の条件に当てはまる小規模事業者の場合は、特例として現金主義による会計処理が認められています(現金主義選択適用者の届出が必要)。

実現主義

 実現主義とは、商品の販売やサービスの提供の対価として、現金等を受け取ることが確定した時点で収益を計上する会計処理の方法です。
 このような方法で収益を認識することは、販売・提供したものに対する貨幣的裏付けのある対価を確かに受け取ったという事実に基づいているため、確実性のある収益のみを計上することができ、発生主義のマイナス点を補うものとなります。