「自粛と補償はセットで」という国民の多くの声を受け、政府がようやく10万円の現金給付(特別定額給付金)の支給を開始しました。第2、第3の給付が望まれますが、まずは今回の分を滞りなく受け取りたいところです。

 まずは世帯主宛てに給付対象者の氏名と合計金額が記載された申請書が自治体から郵送されてくるので、振込先の口座をなど記載し、本人確認の写しとともに返送します。この際、マイナンバーカードがあればオンラインでの申請も可能です。

 対象は2020年4月27日現在、国内居住する日本人と、3カ月以上国内に居住する外国人。給付はあくまでも個人ごとですが、振り込みは世帯主の口座に一括して行われます。受付日は自治体ごとに異なるものの、申請期間は受付開始から3カ月以内なので忘れずにいたいところです。なお、給付金への所得税や個人住民税は非課税となっています。

 申請書の記入にあたって気を付けてほしいのが、家族の氏名記載欄の右にある給付辞退のためのチェック欄です。多くの自治体の申請書には給付辞退の欄だけが記載されているので、受け取りたい場合はそこにチェックせずに申請する必要があります。

 給付にあたってはDVや虐待などで避難している人への対応が心配されましたが、現在の避難先の自治体で受け取ることが可能となりました。仮に離れて暮らしている世帯主に支払われてしまっても、給付を受けることは可能です。また、生活保護受給者が給付額を減らされることもありません。
<情報提供:エヌピー通信社>