現金

【解 説】
 硬貨や紙幣といった貨幣(お金)のほかに、金融機関ですぐに換金できる通貨代用証券(小切手、郵便為替など)を処理する勘定です。

【仕訳例】
 普通預金から200,000円を引き出した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
現金 200,000円 普通預金 200,000円

当座預金

【解 説】
 当座取引契約により開設された当座預金口座への預け入れ、引き出し、小切手・手形の決済などの取引を処理する勘定です。

【仕訳例 】
 当座預金へ普通預金から200,000円を入金した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
当座預金 200,000円 普通預金 200,000円

定期預金

【解 説】
 定期預金口座への預け入れ・継続満期金の受取などに使用します。預け入れの期間が一定に定められている預金口座のことです。

【仕訳例】
 現金200,000円を定期預金に入金した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
定期預金 200,000円 現金 200,000円

その他の預金

【解 説】
 普通預金、郵便貯金、定期積金のことです。通常は預金の種類が科目名となるケースが多いです。

【仕訳例】
 現金200,000円を普通預金に入金した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
普通預金 200,000円 現金 200,000円

受取手形

【解 説】
 手形の受け取り(手形債権の発生)や手形の決済取引を管理します。商品の代金として受け取った手形(支払いの期日、金額、場所などが記入された証書)。

【仕訳例】
 株式会社サンプルの売掛金200,000円を株式会社サンプル振出の約束手形で受け取った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
受取手形 200,000円 売掛金 200,000円

売掛金

【解 説】
 商品・製品の販売、サービスなどの提供による未収金。回収できる権利(債権)の金額です。売上げたが現金化されていない、回収できていない額を示しています。

【仕訳例】
 株式会社サンプルへ商品216,000円(税込)を掛けで販売した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
売掛金 200,000円 売上高 200,000円

有価証券

【解 説】
 証券取引所で流通しているもので、短期的な資金運用の為に一時的に保有する株券、社債、国債を管理します。

【仕訳例】
 株券100,000円を手数料5,000円と一緒に現金で購入した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
有価証券 105,000円 現金 105,000円

棚卸資産

【解 説】
 商品・製品・仕掛品など、たな卸をおこなってどれだけあるかを確定させる資産。通常は各名称を利用します。

【仕訳例】
 決算にあたり、期末在庫商品を2,500,000円と評価した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
商品 2,500,000円 期末商品棚卸高 2,500,000円

前払金(前渡金)

【解 説】
 商品などを注文した際の手付金などのことです。

【仕訳例】
 備品購入の際に手付金として50,000円を現金で渡した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
前払金 50,000円 現金 50,000円

貸付金

【解 説】
 短期貸付金と長期貸付金がありますが短期の場合は1年以内に回収予定、1年を超えるものは長期貸付金となります。

【仕訳例】
 取引先へ返済期間3ヶ月後として500,000円を普通預金から貸し付けた。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
短期貸付金 500,000円 普通預金 500,000円

未収金

【解 説】
 本来の事業の取引以外の肯定資産、有価証券等の売却代金が未回収の取引のことです。

【仕訳例】
 軽トラック(簿価500,000円)を400,000円で売却し、代金は後日受け取る。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
未収金
固定資産売却損
400,000円
100,000円
車両運搬具 500,000円

仮払金

【解 説】
 勘定科目が未定で金銭を支払った場合、確定するまでの間使用する科目のことです。

【仕訳例】
 社員が出張費70,000円を現金で仮払いした。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
仮払金 50,000円 現金 50,000円

立替金

【解 説】
 従業員や取引先に対する一時的な経費の立替払いの時に使用します。

【仕訳例】
 顧問先へ送る書類の郵便代620円を事務所が支払った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
立替金 620円 現金 620円

建物

【解 説】
 事務所、事業所、店舗、工場など自己所有の建物に関する取引のときに使用します。

【仕訳例】
 倉庫を6,000,000円で購入し、小切手で支払った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
建物 6,000,000円 当座預金 6,000,000円

建物付属設備

【解 説】
 建物の設備(給湯、冷暖房、エレベータなど)に関する取引のときに使用します。

【仕訳例】
 クーラーを450,000円で購入し代金は来月末支払う予定。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
建物付属設備 450,000円 未払金 450,000円

機械装置

【解 説】
 製造機械、装置等を管理する科目で、資産の据え付け等の取付費用も含みます。

【仕訳例】
 印刷機を4,500,000円で購入した。設置・調整費用は現金で500,000円を支払い
残りは来月、小切手で支払う予定。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
機械装置 4,500,000円 未払金
現金
4,000,000円
500,000円

車両運搬具

【解 説】
 営業者や工場などで使うフォークリフト、トラックなどを管理する科目です。

【仕訳例】
 トラックを2,000,000円で購入し代金は後で支払う予定。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
車両運搬具 2,000,000円 未払金 2,000,000円

工具器具備品

【解 説】
 工具類、机、椅子、コピー、FAXなどの管理で使用する科目です。

【仕訳例】
 コピー機を800,000円で購入し代金は後で支払う予定。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
工具器具備品 800,000円 未払金 800,000円

土地

【解 説】
 事務所、店舗、倉庫などの敷地の管理で使用する科目です。

【仕訳例】
 資材置き場の土地を1,500,000円で購入し代金は後で支払う予定。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
土地 1,500,000円 未払金 1,500,000円

電話加入権

【解 説】
 NTTの固定電話回線を利用する事ができる権利を管理する科目です。

【仕訳例】
 電話加入権(70,000円)を50,000円でA社に譲渡し、現金で受け取った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
現金
固定資産売却損
50,000円
20,000円
電話加入権 70,000円

事業主貸

【解 説】
 事業主の個人に対して貸付を行う科目のことです。

【仕訳例】
 事業主宅の住宅ローン200,000円を普通預金から支払った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
事業主貸 200,000円 普通預金 200,000円

支払手形

【解 説】
 支払先との取引において手形決済を行ったときに使う科目です。

【仕訳例】
 A商店から商品を100,000円(税抜)で仕入れ、支払は約束手形を振り出して支払った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
仕入高 100,000円 支払手形 100,000円

買掛金

【解 説】
 支払先との取引において生じた未払金を処理するために使う科目です。

【仕訳例】
 A商店から商品100,000円(税抜)を掛けで仕入れた。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
仕入高 100,000円 買掛金 100,000円

借入金(短期借入金)

【解 説】
 銀行や取引先等からの借入金のうち、1年以内に支払期限があるものを処理します。

【仕訳例】
 借入金のうち、200,000円を利息8,000円とともに当座預金から返済した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
短期借入金
利子割引料
200,000円
8,000円
当座預金 208,000円

未払金

【解 説】
 通常の取引以外の取引の場合、発生後1年以内に支払われる未払い代金で使用する科目。

【仕訳例】
 社長が必要な経理ソフト98,000円(税抜)をクレジットカードで支払った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
消耗品費 98,000円 未払金 98,000円

前受金

【解 説】
 商品の代金やサービスを受けた金額に対する一部または全額の前受け額を管理します。

【仕訳例】
 商品500,000円の代金のうち、100,000円を手付金として現金で受け取った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
現金 100,000円 前受金 100,000円

仮受金

【解 説】
 入金された金額の内容が不明の時に使用する科目。

【仕訳例】
 出張中の従業員から内容不明の100,000円が普通預金に入金があった。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
普通預金 100,000円 仮受金 100,000円

預り金

【解 説】
 役員や従業員の源泉所得税や社会保険料など一時的に預っているお金の管理をします。

【仕訳例】
 従業員に賞与2,000,000円を、預り金150,000円を控除して当座預金から支払った。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
賞与手当 2,000,000円 当座預金
預り金
1,850,000円
150,000円

元入金

【解 説】
 個人事業主の場合は会社の資本金に相当する科目を元入金として扱います。

【仕訳例】
 元入金2,000,000円を現金で用意して事業をはじめた。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
現金 2,000,000円 元入金 2,000,000円

事業主借

【解 説】
 事業主の個人が事業に対して貸付を行う科目のことです。

【仕訳例】
 事業の運転資金として200,000円を事業主が補填した。

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額
現金 200,000円 事業主借 200,000円