国税庁は、平成27事務年度における法人税、地方法人税、源泉徴収に係る所得税及び復興特別所得税の申告(課税)事績をまとめた「平成27事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要」を公表しました。
 この報告によると、平成27年度における法人税の申告件数は282万5千件で、その申告所得金額の総額は61兆5,361億円、申告税額の総額は11兆3,844億円と、前年度に比べ、それぞれ3兆928億円(5.3%)、2,150億円(1.9%)増加し、6年連続の増加となるとともに、申告所得金額の総額は、過去最高となっています。
 また、黒字申告割合は32.1%と、前年度に比べ1.5ポイント増加し、5年連続の上昇となっています。

 詳しくは、「平成27事務年度 法人税等の申告(課税)事績の概要」をご覧下さい。