◆自分の責務に忠実なこと≠会社全体の利益  自分の担当する業務にとってプラスとなることをしても、それが必ずしも、会社全体の利益につながるわけではありません。 (1)機会損失を恐れすぎると…  「買いたいというお客さんが現・・・